Review

【WQHD×165Hz】Pixio PX277 Primeレビュー!3万円台の高解像度ゲーミングモニター!

こんにちは、ワカメです。

2021年頭にAMD製GPUでは最上位のRX6900XTを購入し、メインPCで使用しているのですが、フルHD240Hzモニターだと性能が有り余ってしまうらしく、何かもったいなさを感じていました。

・高解像度
・高リフレッシュレート
・IPS
・ベゼルレス

そこで上記のような条件でゲーミングモニターを探していたところ、他社では5万円程度で販売されているWQHD×165HzモニターPixio社より新品38000円で販売されていました。

当時は聞いたことのないメーカーだったので、もし酷い製品が届いたらブログで容赦なく書いてやろうと思って購入したのですが、結果的に良い買い物だったので紹介していきます。

ということで今回はWQHDで165Hz対応のハイスペックゲーミングモニター「Pixio PX277 Prime」を購入し、1年間使用したのでレビューしていきます。(記事書くのサボってました)

WQHDゲーミングモニターの使用感が知りたい方
Pixioという企業について知りたい方
は必見です!

では早速見ていきましょう。


【謎】Pixioってどんな企業?評判なども解説

日本でよく聞くモニターメーカーといえば、
LG・ASUS・IODATA・BenQ・Acerなどが大半ですが、「Pixio」ってあまり聞かないですよね。私も初めて聞いたときは

わかめ
わかめ
怪しいメーカーか???

と斜に構えていました。

そんな「Pixio(ピクシオ)」というメーカーについて触れていきます。

pixioは、2016年にカルフォルニア州のコアゲーマーによって設立された新興モニターメーカーです。仲介マージンや大量のマーケティングコストをカットすることで、最高水準のコストパフォーマンスを提供しているとのこと。

公式サイトもしっかりあり、ネットでの評判も悪いレビューはあまり見受けられなかったです。


【WQHD/165Hz/IPS】PX277Primeのスペック!

スペックです。

解像度 WQHD(2560×1440)
パネルタイプ IPS
パネルメーカー Innolux
リフレッシュレート 165Hz(DP)144Hz(HDMI)
画面サイズ 27インチ
輝度 350cd /㎟
アスペクト比 16:9
視野角 178º(H)178º(V)
応答速度 最大1ms
消費電力 54W(待機状態:0.5W)
機能 100mm×100mmVESA、OverDrive、フリッカーフリー、ブルーライトカット

同梱物

・本体
・スタンド
・スタンド固定用ねじ
・ACアダプター
・DPケーブル

スタンド

今回は使用しませんが、スタンドが金属でできていて見た目もスタイリッシュでかっこいいです。取り外しも取り付けもツールレスで簡単

アダプタ

モニターの中に電源が内蔵されているタイプのモニターであれば、ケーブルをコンセントから直で刺せるようになっているのですが、これはACアダプタを介さないといけません。取り回しはしやすいですが、少し配線がごちゃつきます。

お値段以上にカッコイイ外観!

外観を見ていきます。

前面です。

3辺ベゼルレス仕様になっていて、下辺以外のベゼルは6mmほど。下辺にはPixioのロゴが入っています。

背面はゲーミングな感じのかっこいいデザインになっています。LEDなどは非搭載。

インターフェースは

HDMI(144Hz)
HDMI(144Hz)
DP(165Hz)
3.5mmジャック

で、アナログ出力には非対応。

最近のモニターやGPUってDVIやD-SUB端子見かけないですよね。寂しい気もしますが使う機会が全くないので削ってくれるのはありがたいです。

背面左下には360度回転できるジョグボタンがあります。

上下左右に動かすことでさまざまな設定を直感的に変更することが可能です。


良かった点・イマイチな点

価格がとにかく安い
縁が細くデザインが良い
360度ジョグボタンがすごく使いやすい
電源がACアダプタタイプ

良かった点

値段が安い

他社に比べると数千円~1万円近く安いのがとても良心的だなと感じました。

ベゼルが細くデザインが良い

私が使用していたモニター「Gigacrysta」はTNながら綺麗で愛用していたのですが、ベゼルが太く複数枚のモニターだと見映えがあまりよくありませんでした。しかし、このPX277 primeはベゼルが細いため複数枚のモニターをかっこよく並べることができます

360度ジョグボタンが使いやすい

今まで使ってこなかったタイプのボタンだったので、使い勝手に感動しています。

イマイチな点

‎電源がACアダプタタイプ

モニターに電源が内蔵されていて直接3ピン電源ケーブルを刺すタイプがよかったのですが、これはACアダプタタイプ。

ACアダプタの自重でコネクタが抜けるといったことはありませんが、モニターアーム内に電源コードを収納していたり配線にこだわっている方は注意が必要です。

まとめ

今回はWQHD×165Hz×IPSの最安値クラスモニター「PX277 Prime」をご紹介しました。
WQHD 広色域 IPS 165Hz を兼ね揃えた万能モニターが税込3万8000円ならなかなかお得なのではないでしょうか。

ここ最近はフルHDを飛び出し、WQHDや4Kでゲームをする人も増えていますが、そういった方にオススメのモニターだなと感じました。


ABOUT ME
WAKAME
ブログ運営者のWAKAMEです。 中学生で古物商を取得しマウスやキーボードの修理、デバイス収集をしています。 このブログではデバイスの修理記事や私が購入したデバイスのレビュー記事を執筆しています。
オススメ記事