Review

【持ちやすさ×軽さ】50gを切る軽量ゲーミングマウス「Pulsar Xlite」レビュー!

こんにちは、ワカメです。

今回は、値段と性能と持ち心地の3つに超特化したPulsar Gaming Gears社製の激安ハイエンドゲーミングマウス「Pulsar Xlite」をご紹介します!

持ち心地が良くて軽いゲーミングマウスをお探しの方は必見です!

それでは見ていきましょう。

商品仕様

まずは商品仕様をご紹介します。

形状タイプ エルゴノミック
重量 49g
DPI 50~20000DPI(100刻みで設定可能)
ポーリングレート 1000Hz/1ms
トラッキング速度
Inch Per Second(IPS)
400IPS
加速度 50g
搭載センサー PixArt PAW3370
搭載スイッチ OMROM Mechanical 20M

Pulsar Xliteの特徴と外観!

商品仕様を見てもパッとこないと思うので、外観を見ていきながら軽く特徴を解説します。

1,持ち心地と軽さを重視した設計

結論から言うと、このマウスは持ち心地と軽さが他の軽量マウスより優れています。

以前私が使用していた「Finalmouse CapeTown」「Glorious Model-O」などは、軽さに重きを置いていたため本体が小ぶりで、被せ持ちの私には手に合いませんでした。

 Pulsar Xliteは約49gほどしかないのに標準サイズより大ぶりで、人間工学に基づいたフィットする設計なのでとても持ちやすいです。

2,驚愕の底面肉抜き

普通のハニカムマウスといえば、マウス本体に無数の穴が空いているだけの構造が多いですが、このマウスはなんと底面が半分程度肉抜きされています。正直こんなマウス初めて見ました。

初めて見たときは耐久性に不安がありましたが、1週間程度ほぼ毎日ハードに使用しても結構しっかりした作りになっているので全く問題ありませんでした

基板上にいろいろ印刷されているのですが、肉抜きの形に合わせて印字されていて面白いなと思いました。

3,安価なのにフラグシップセンサー搭載

Pulsar Xliteは本体のみ5980円、マウスバンジー,グリップテープとのセットで6480円とかなり安価な部類ですが、センサーにはPixArt社現状最上位モデルのセンサー「Paw3370」を搭載。

400IPS、加速度50G、最大20,000DPI、1000Hz/1msのポーリングレートに対応していて、性能と値段が比例していないマウスと言えます。

開封・同梱物

早速開封していきます。

Pulsar Gaming Gearsというメーカーは聞いたことがなかったので

わかめ
わかめ
いわゆる中華の怪しいメーカーなのかな?

と思っていましたが、箱や商品が有名メーカー顔負けの質感でビックリしました

同梱物は

・本体
・交換用ソール
・グリップテープ
・マイクロバンジー
・説明書(日本語対応)

中でも目を引くのはこの「マイクロバンジー」。その名の通りマウスバンジーの小さい版と思ってもらえれば大丈夫です。

有線マウスユーザーには必須とも言えるマウスバンジーが付いてくるというのはすごくありがたいですね。のちの章でマイクロバンジーの使用感などをまとめていきます。

使用して感じたこと

1,かぶせ持ちの方には最適解

私はゲームや日常作業でマウスの持ち方を変えているので様々な持ち方をしていますが、このマウスはつかみ持ちかかぶせ持ちの方に最適解だなと感じました。

側面が滑りやすい構造をしているので、つまみ持ちや一部つかみ持ちの方には合わないかもしれません。

2,LED非搭載もポイント

このマウスはLEDを搭載していません。そのため、LEDをビカビカ光らせるのを目的としている方にはオススメできないです。

正直私はゲームをしながらマウスを見る機会なんて一切ないのでLED無くてもいいと思ってます。

3,LODまでいじれる専用ソフトウェアがある!

このマウス、安価なくせにソフトウェアまである至れり尽くせり仕様。

実際に使用してみたのでご紹介します。インストールするとこんな感じ。一部日本語対応です。

ボタン割り当て・DPIなどはもちろん、LOD(リフトオブディスタンス)というマウスパッドからマウスが離れたときでもセンサーが反応する距離を変えられます。

3,マイクロバンジーの使い心地はいかに?!

マイクロバンジーについて軽く紹介していきます。

このマイクロバンジーは、モニターの底面に貼り付けるタイプのマウスバンジーで、Xliteのセットモデルに同梱されています。

結論から言うと、普通のマウスバンジーと特に変わらない使い心地で、むしろサイズが小さくモニター下に貼り付けるためスペースを取らないのがいいなと思いました。

 

組立は至って簡単。3つのパーツを合わせるだけです。

結構な力で力を加えても取れたりせず非常に安定しています。

まとめ

今回は、Pulsar Gaming Gears Xliteのご紹介をしました。そのまとめです。

・値段からは想像もつかない高性能マウス
・軽さ×持ち心地=Xlite
・マイクロバンジーが思ったより使いやすいのでオススメ
・かぶせ持ちの方にオススメしたいマウス!
・耐久性もあり
ABOUT ME
WAKAME
ブログ運営者のWAKAMEです。 中学生で古物商を取得しマウスやキーボードの修理、デバイス収集をしています。 このブログではデバイスの修理記事や私が購入したデバイスのレビュー記事を執筆しています。