Review

【これぞ最上位!】Logicoolのハイエンドゲーミングキーボード「G913」レビュー!

こんにちは、わかめです。

今回は、知る人ぞ知るLogicoolの最上位ゲーミングキーボードG913」を余すことなく徹底レビューしていきます。

G913の使い心地メリット・デメリットが気になっている方は必見です!

では早速見ていきましょう。

G913の内容物

内容物は以下の通りになります。

本体
マニュアルや保証書等の紙
ケーブル
レシーバー

G913の外観

外観を見ていきます。

このキーボードは名前に900番台と書かれている通り、LogicoolGのゲーミングキーボードの最上位モデル。最上位モデルなだけあり外観もかなり美しくつくられています。初めて見た時は

わかめ
わかめ
これが最上位か!!

とビックリしました。

筐体は船舶や飛行機などに使用されることの多い5052アルミニウムを採用していてかなりずっしり。ヘアライン仕上げも高級感があって美しいですね。

自由なショートカットを割り当て可能な「Gキー」

 

筐体の左端にあるのは好きなショートカットやマクロを割り当てられる「Gキー」。

LogicoolG公式に無料提供されているソフトウェア「GHUB」で細かく設定が可能です。私はスクリーンショットやタブの切り替えなど普段からよく使う機能などを割り当てて使用しています。

GHUBダウンロードはこちら(Win/Mac)

「Gキー」をさらに切り替える「Mキー」

キーボード左上にはM1~MRと書かれたモード切替キーが4つ。

G913/G813はアプリケーションごとにGキーを自動で切り替えるという素晴らしい機能があるのですが、それを手動でも切り替えるのがこのMキーです。M1・M2・M3・MRにそれぞれ別々の「G1~G5キー」を設定することにより、最大15個のショートカット割り当てが可能になります。

Mキーの右隣にも4つのボタンが用意されていて、左からLightSpeed接続・Bluetooth接続の切り替えボタン、ゲームモード切り替えボタン、キーボードのLEDの輝度調節ボタン。最上位モデルということもありBluetoothにも対応しています。こちらも遅延を感じさせない接続が可能。

ゲームモード切替ボタンは、ゲーム中に必要のないキーを無効化することにより思わぬ誤爆を防ぐものとなります。戦闘中にWindowsキー押してしまったら最悪ですからね。

地味に嬉しいメディアコントロール

筐体の右上にあるのはメディアコントロール各種です。

上部にある金属のホイールはクルクル回すことで音量調整、ラバー製のスイッチはミュートやスキップなどの動作ができます。マウスに手を置いてる状態からもすぐに手が届くのでとても便利!

今まで音量調整するためには割り当てたキーを複数回押して好きな音量まで調節していたのですが、ダイヤルタイプだと直感で調節できるのでとても楽に感じました。

有線より速い!超低遅延なLightSpeed

ワイヤレスと聞くと「遅延がある」といった印象をお持ちの方も中にはいるのではないでしょうか。

私もLogicoolGの無線デバイスに出会うまでは

ワイヤレス<<(越えられない壁)<<有線

というイメージがありました。しかし、LogicoolGの無線規格「LightSpeed」はなんと有線よりも遅延が少なく、応答性はなんと1ms(1/1000秒)!。なんと有線を無線が超える時代になりました。実際G913でコンマ数秒を争うfpsゲームの撃ち合いなどをこなしてきましたが、遅延のせいで負けた!などといった場面は一切ありません。自分の腕が悪いだけでした。

側面

側面にはG913のロゴがあります。G913にはkailh製ロープロファイルスイッチが使用されているためとても薄型でスタイリッシュ

G913はリニアタクタイルクリッキーの3種類から選択可能で、筆者は引っかかりがなくスムーズにタイピングができるリニアを購入しました。

Q,ではこのロープロファイルスイッチ、薄いことによってどのようなメリット・デメリットをもたらすのでしょうか?それぞれご紹介していきます。

メリット

普通のキーボードより高速な入力が可能
→ロープロファイルスイッチはアクチュエーションポイント(キーを押下してから反応するまでの距離のこと)までの距離が短いため高速に入力できる
手首への負担が減るorパームレストの必要がない
→一般的なキーボードより薄く、タイピング時の手首の角度が緩やかになるため

デメリット

打鍵感に物足りなさを感じる
→打鍵感にこだわりがある方は要注意

背面

背面にはMicroUSBの端子と電源スイッチがあります。正直MicroUSBは好きではないので、できればケーブルはTypeCに統一してほしいですね。充電だけでなく刺しっぱなしで有線接続することも可能です。

裏面

裏面には角度調整スタンドがあります。

一般的なキーボードはスタンドを閉まった状態と立てた状態の2段階調整のみが多いのですが、これは閉まった状態、4度、8度の3段階に調整することが可能です。ゴム足もしっかりついているのでそう簡単にはズレません。

使用した感想

デスク上がスッキリして見えるデザイン!

デスク上でひときわ存在感を放つはずのキーボードですが、G913はワイヤレス・薄型・洗練されたデザイン。この3つの要素のおかげでやけにスッキリするように見えます。見た目の面でこだわっている方にも是非買ってほしいキーボードです。

【好みが分かれる】打ち心地について

タイピングのし心地は普通のメカニカルキーボードより浅く、個人的にはあまり好きな打鍵感ではありませんでした。

この打鍵感が好みの方もいらっしゃるので一概には言えませんが、メカニカルキーボードの打鍵感にこだわりが強い方は一般的なスイッチを搭載したメカニカルキーボードの方がいいと思いました。

【減りが早い】充電の持ちについて

満充電からLED輝度最大で35時間持ちます。ここだけ見ると充電の持ちはよさそうに思えますが、同じLogicoolのKX800などと比較すると充電の持ちは悪い方です。LEDが電池をかなり消費するので、普段からLEDをオフにしておけばあまり気にならないと思いました。

充電の手間がめんどくさいと思っている方はG913の有線モデル「Logicool G813」がオススメです。

まとめ



今回は、LogicoolGの最上位のゲーミングキーボード「Logicool G913」をご紹介しました。そのまとめです。
やはり最上位ということもあり、性能・デザイン・使い心地全てが完璧に近いキーボードだなと感じました。薄型なので仕方ないのですが、ロープロファイルスイッチは人によって好き嫌いが生じる気がします。アクチュエーションポイントまでの距離が短く多少有利に動けるとはいえ、底までが薄いので打鍵感が好きでメカニカルキーボードを使用している方には向かないかもしれません。それに多少有利に動けるからと言って体感できるほどの変化はないです。

バッテリーの持ちがあまり良くないので、割と充電がめんどくさくなるのでは?と思いました。

ワイヤレスが必要ないという方は有線モデルのG813、テンキーが必要ないという方はG913TKLの購入をオススメします。



ABOUT ME
WAKAME
ブログ運営者のWAKAMEです。 中学生で古物商を取得しマウスやキーボードの修理、デバイス収集をしています。 このブログではデバイスの修理記事や私が購入したデバイスのレビュー記事を執筆しています。