Repair

【簡単修理入門】logicool G413修理&レビュー

はじめに

こんにちは、ワカメです。
今回は、Logicoolのゲーミングキーボード「logicool G413 carbon タクタイル」のスイッチ交換修理について執筆していきます。

記事の後半は製品レビューとなっていますので、修理に興味がない方は、目次からレビューまで飛ばしてご覧ください。

現在私はゲーミングマウスやゲーミングキーボードなどの修理を半年前に初め、今まで100個以上のデバイス修理を行っています。自分の知識を生かし世の中にマウス修理を広めるためにブログを初めました。
「G413の修理をしてみたい!」
「キーボードのスイッチ交換のやり方が知りたい!」
「G413の使い心地が知りたい」

今回はこのようにお考えの方に向けて執筆していきます。

修理の難易度

[star max=”5″ rate=”2″]

今回はネジを外しスイッチを交換するだけでしたが、キーキャップやネジを外したりする工程が結構時間かかります。

今回使用する道具

精密ドライバー
はんだごて
はんだ
はんだ吸い取り器or吸い取り線
交換用スイッチ
耐熱マット
(ヒートガン)

今回使用したキースイッチは、aliexpressという中国のサイトで購入しました
Amazonでも販売されていますが、かなり割高です。

分解の手順

1,キーキャップを外す
2,裏/表面のネジを外す
3,コネクタを外す

今回は手順自体は少なめで、分解もかなりシンプルなのですが1つ1つの工程が大変です。

キーキャップを外す

キーキャップ抜きを使い、キーキャップを外していきます。
フルサイズキーボードのキーを全て抜くのは結構根気がいります(笑)

キーキャップ抜き↓

裏/表面のネジを外す

キーキャップを外せたら、滑り止めの下にあるネジを外すために裏面の滑り止めを剥がしていきます。
画像の矢印のすべり止めの下にネジがあります。

すべり止めを剥がす際に、ヒートガンやドライヤーなどで粘着力を弱めてから剥がすと接着剤の跡を残さずキレイに剥がせます。

滑り止めのゴムを剥がせたらネジを外します。
裏面のネジを外したら、今度は表面のネジを外します。

小さくてわかりにくいのですが、このキーボードの表面に多くのネジがあります。

それを全て外してください

この工程もネジが多くかなり大変です。

コネクタを外す

全てのネジを外したら底部を持ち上げていきます。
その際にケーブルを固定しているネジとコネクタを外します。

これで分解の手順は以上になります。

修理の手順

1,交換したいキーとLEDのハンダを取る
2,(キースイッチの改造)
3,交換用キースイッチとLEDを取り付ける
4,分解と逆の手順で組み上げる

交換したいキーとLEDのハンダを取る

今回私が修理するのはスペースキーですが、どのキーでも同じようにやれば直せます。

まず、修理したいキーのハンダを取ります。
これだけではキースイッチを外せないので、LEDのハンダも外していきます。

ここで注意点が2つあります。

1,LEDは熱に弱く、長時間ハンダゴテで熱を加え続けると壊れてしまいます。
ですので、ハンダを吸い取る時間をなるべく短く、確実に吸い取るようにください。
2,LEDは向きを間違えると点灯しないので、向きを間違わないように印をつけてください。

上記の2点に気をつけつつLEDのはんだを取ったら、交換用キースイッチを付けます。

キースイッチの改造(補足説明)

私が購入したROMER-Gスイッチには、中にアクリルのような物が詰められていて、このままではLEDが付きません。
ですので、中のアクリルを外す作業をやっていきます。

この工程は私のような状況に置かれた方に向けた章ですので、そのまま取り付けられる方はこの工程を飛ばしてください。

まずキースイッチ側面の爪を外します。
爪を外すとバネが弾けて中のパーツがどこかに飛んでいってしまうので、慎重に行ってください。
爪を外したら、中のアクリルを裏のピン側から細いもので押し出します。

押し出したら元に戻します。

交換用キースイッチとLEDを取り付ける

先にLEDをハンダ付けし、キースイッチをあとからハンダ付けします。

これでG413の修理は完了です。
ネジを締める前に動作確認を必ずしましょう。

ゲーミングキーボード「G413」の使い心地は?

外観


まずは外観を見ていきます。
写真では伝わりにくいですが、外見から質感の高さが溢れています。
それもそのはず、航空機グレードのアルミニウムが筐体に使用されていて高級感があります。

Theゲーミングな感じのギラギラしたキーボードではなく、オシャレなキーボードって感じです。

テンキーもついているため、オフィスやテレワーク環境などの日常使いでもいいと思います。

ROMER-Gスイッチとは?!

普通、ゲーミングキーボードと言えば、Cherry MXやkailh、Gateronなどといったキースイッチが主流です。
ですが、このキーボードは「ROMER-G」というスイッチが使われています。

この「ROMER-G」は、logicoolが開発した独自スイッチで、普通のキースイッチより25%も高速入力が可能です。
コンマ数秒を争うfpsゲームやアクションゲームでは、敵より有利に動くことができます。

ですが、このROMER-Gにも欠点があります。
それは、

汎用性の高いキーキャップが使えないという点です。
どういうことかというと、この「ROMER-G」は、普通のキースイッチと形が違います。そのため、よく売っている市販のキーキャップをつけることができません。

まぁキーキャップを変えようと思う人は少ないので大きな問題ではないですね。

ROMER-Gの詳しい説明はlogitechのROMER-G紹介サイトへどうぞ。

G413の欠点

実はこのキーボード、ライティングが様々な色に切り替えられません。
G413carbonは赤色単色、G413silverは白色単色のみのエフェクトとなっています。

ですので、

このキーボードは7色に光るんだ!

と勘違いして購入しないようにしてください。

ABOUT ME
WAKAME
ブログ運営者のWAKAMEです。 中学生で古物商を取得しマウスやキーボードの修理、デバイス収集をしています。 このブログではデバイスの修理記事や私が購入したデバイスのレビュー記事を執筆しています。