Repair

ジャンク修理に必要な道具10選!【初心者向け】

こんにちは。ワカメです。

今回は、初心者が簡単にジャンク修理に手が出せるよう私が使用しているジャンク修理道具をご紹介します。

・ジャンク修理を始めてみたい
・何を揃えたら良いか分からない
という方必見です!!
私は普段から趣味でゲーミングデバイスやPC関連機器のジャンク修理を行っています。
できるだけ安価な道具で初心者がジャンク修理できるよう丁寧にご紹介します!

※あくまで私が行っている分野での必要な道具です。ご自身が修理したい物によって道具は変わってくるのでご了承下さい。

修理に必要なもの一覧

・精密ドライバーセット
・はんだごて
・はんだ吸い取り器
・はんだ
・フラックス
・安定化電源
・ヒートガン
・テスター
・耐熱マット
・コネクタ抜き

精密ドライバーセット

精密精密ドライバーがないとジャンク修理は始まりません。

初心者のうちは電動ドライバーだとネジ穴をつぶしてしまうことが多いので、今回は手動の精密ドライバーセットを選びました。

Amazonで販売されているような無名ブランドでも大丈夫です。

優先度

コスパ

値段が安価
便利すぎる

はんだごて

基板上でチップなどの部品を交換したりするならはんだごてが必要です。

絶対に日本製製品を選びましょう。国産と無名メーカーでは値段がほぼ同じなので、無名メーカーを選ぶメリットがありません。危険なだけです。

価格は1,000円未満から10,000円程度のものまでピンキリです。最初のうちは1000円前後のものでいいと思います。

安いものはコテ台が簡易的なものしか付属していないので、しっかりしたコテ台も併せて購入するようにしましょう。


財布に余裕がある方は温度調節機能などが一緒になった多機能なものをオススメします。

優先度

コスパ

コスパが良い
電源オンオフがコンセント抜き差し

はんだ吸い取り器

はんだ吸い取り線では吸収しきれない場所や、一気に吸い取りたいときに使っています。世界が変わるくらい便利です。

電動のものや、はんだごてと一体型のものもありますが、高価なので手動で十分です。

優先度

コスパ

はんだ吸引がとても楽
安価

はんだ

電子回路で電子部品をプリント基板に固定するために使用します。

これも有名メーカーであればどれでも構いません。

鉛フリーはんだの方が人体や環境にいいのですが、鉛入りはんだと比べて使いにくく、初心者にはあまり向いていないので鉛入りはんだがオススメです。

優先度
コスパ
鉛入りハンダは使いやすい
鉛フリーハンダは使いにくい

フラックス

フラックスは、接合面とハンダを接合しやすくする液体です。フラックス自体はハンダに含まれていることが多いですが、それとは別で購入しておくと更に良いでしょう。

先が細くピンポイントで出せるものもあれば、ハケになっているものもあります。
用途に合わせて購入しましょう。

優先度
コスパ
ハケタイプなので適量を塗れる

安定化電源

安定化電源は、好きな電圧・好きな電流を流すことができる装置です。

修理したいジャンクの分野にもよりますが、ノートパソコン修理などをする場合は持っておいた方が良いでしょう。

好きな電圧と電流を流せるので、ACアダプタが無くてもノートパソコンの動作確認が可能です。

私は無名メーカーの製品を使用していますが今のところ不具合はありません。

優先度

コスパ

動作確認に最適

テスター

テスターは導通チェックや、電流や電圧などを測定するものです。

修理するジャンクの分野によっては必要なかったりしますが、持っておいて損は無いでしょう。

導通チェックや電流や電圧などの測定が可能

無名メーカーでも問題はないと思いますが、日本製のものでもそこまで高くないのでノーブランド品をわざわざ買う必要はないと思います。

優先度

コスパ

1台でかなり多機能
1,000円程度と安い


ヒートガン

ヒートガンはその名の通り数百度の熱風を出すことができるドライヤーのようなものです。

高温を扱うものなので日本のメーカーの方がいいと思います。

優先度

コスパ

粘着力を落とせる


耐熱マット

はんだごてを扱うのなら必須です。

はんだごてを当てても溶けたりしないので、火災の予防にもなります。
無名メーカーの安いもので大丈夫です。

はんだごてを扱うなら必須!
無名メーカーでも可

優先度

コスパ

滑りにくくなる!


この他に準備しておくと良いもの

コネクタ抜き
フラックス除去液
etc…

このような物も用意しておくといいでしょう。

まとめ

今回はジャンク修理を始めるにあたって用意しておくと良いものをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

私はこれくらいしかジャンク修理の道具は持っていませんが、最初のうちはこれで全然大丈夫だと思います。

ABOUT ME
WAKAME
ブログ運営者のWAKAMEです。 中学生で古物商を取得しマウスやキーボードの修理、デバイス収集をしています。 このブログではデバイスの修理記事や私が購入したデバイスのレビュー記事を執筆しています。
オススメ記事