Repair

ジャンク修理に必要な道具10選!【初心者向け】

はじめに

こんにちは。ワカメです。

今回は、私が使用しているジャンク修理道具をご紹介します。

・ジャンク修理を始めてみたい
・何を揃えたら良いか分からない

という方必見です!!

私は普段から趣味でゲーミングデバイスやPC関連機器のジャンク修理を行っています。
できるだけ安価な道具で初心者がジャンク修理できるよう丁寧にご紹介します!

※あくまで私が行っている分野での必要な道具です。ご自身が修理したい物によって道具は変わってくるのでご了承下さい。

 

ご紹介する道具はどれも安価なものばかりですが、安価な道具でもジャンク修理は可能です!!
ですので金欠な方でも比較的手軽に始められます。

修理に必要なもの一覧

・精密ドライバーセット
・はんだごて
・はんだ吸い取り器
・はんだ
・フラックス
・安定化電源
・ヒートガン
・テスター
・耐熱マット
・コネクタ抜き

精密ドライバーセット


精密精密ドライバーがないとジャンク修理は始まりません。

初心者のうちは電動ドライバーだとネジ穴をつぶしてしまうことが多いので、今回は手動の精密ドライバーセットを選びました。

ちなみに無名ブランドでも大丈夫です。

ほとんどのネジに対応していること
失くしやすい

はんだごて

基板上で何かを交換したりするならはんだごてが必要です。

 

これは無名ブランドを選ばないほうが無難です。
日本製の有名メーカーのものを使用しましょう。

 

財布に余裕がある方は「温度調節機能」や「はんだ吸い取り器」が一緒になった多機能なものをオススメします。

溶けにくくなったら新しいコテ先に交換するのですが、交換用コテ先は4mm×75mmがピッタリです。

良い点:コスパが良い
悪い点:電源オンオフがコンセント抜き差し

ハッコー 激安ハンダゴテ

ハンダゴテ

とにかく安い

こて先交換可能

電源ON OFFが大変

9

コスパ

10

購入の優先度

7

便利さ

9

使用頻度

はんだ吸い取り器

私ははんだ吸い取り線では吸収しきれない場所や、一気に吸い取りたいときに使っています。
電動のものもありますが、高価なので手動で十分です。

良い点:はんだ吸引がとても楽
悪い点:重いボタンを押し込んでからでないと使えないので親指が疲れる

ハンダ吸引器

ハッコー ハンダ吸引器

吸い取り線より時短

高コスパ

ボタンが重く大変

7

コスパ

8

購入の優先度

9

便利さ

8

使用頻度

はんだ

これも有名メーカーのものであればどれでも構いません。

鉛フリーはんだの方が人体や環境にいいのですが、非常に使いにくく初心者には向いていないので、鉛入りのはんだがオススメです。

良い点:鉛入りハンダは使いやすい
悪い点:鉛フリーハンダは使いにくい

ハンダ

goot ハンダ

大容量

めっちゃ盛りやすい

とりあえずオススメ

8

コスパ

10

購入の優先度

9

便利さ

9

使用頻度

フラックス

フラックスは接合面とハンダを接合しやすくする液体です。

先が細くピンポイントで出せるものもあれば、ハケになっているものもあります。
用途に合わせて購入しましょう。

良い点:ハケタイプなので使う場所によって使いやすさが異なる
悪い点:特になし

フラックス

goot フラックス

便利なハケタイプ

使いきれない大容量

高コスパ

8

コスパ

8

購入の優先度

7

便利さ

7

使用頻度

安定化電源

好きな電圧と電流を流せるので、ACアダプタが無くても動作確認が可能です。

そのため、ノートパソコン修理などをする方は必須です。
私は無名メーカーの製品を使用していますが今のところ不具合はありません。

良い点:動作確認に最適なこと
悪い点:有名メーカーの商品が少ないこと

安定化電源

hanmatech 安定化電源

好きな電圧・電流を流せる

思ったより小型

高いので購入は任意

5

コスパ

6

購入の優先度

7

便利さ

2

使用頻度

 

テスター

基板を扱うなら買っておいたほうがいいです。

 

導通チェックや電圧、電流の測定などに便利です。
有名メーカーであれば大丈夫です。

良い点:価格が安い
悪い点:使い方がイマイチ分からない

テスター

オーム電機 テスター

様々な測定が可能

使い方が未だに理解不能

導通ブザーがない

5

コスパ

4

購入の優先度

7

便利さ

5

使用頻度

 

ヒートガン

私は接着剤などの粘着力を落とすために使用しています。

安いエンボスヒーターでもマウス修理くらいなら平気ですが、連続使用時間が短いので、ちゃんとしたヒートガンを購入することをオススメします。

良い点:火力がありすぐ加熱してくれる
悪い点:サイズやコードがデカい

ヒートガン

パオック ヒートガン

最大650度の高火力

温度調整などもシンプルで使いやすい

値段が高い

5

コスパ

8

購入の優先度

7

便利さ

8

使用頻度

 

耐熱マット

はんだごてを扱うのなら必須です。

はんだごてを当てても溶けたりしないので、火事の予防にもなります。
無名メーカーの安いもので大丈夫です。

良い点:シリコンのような素材なので滑りにくい
悪い点:特になし

耐熱マット

耐熱マット

500度まで耐熱

滑りにくい

ネジを置ける場所がある

8

コスパ

9

購入の優先度

9

便利さ

10

使用頻度

この他に準備しておくと良いもの

コネクタ抜き
フラックス除去液
etc…

このような物も用意しておくといいでしょう。

 

私はこれくらいしかジャンク修理の道具は持っていませんが、最初のうちはこれで全然大丈夫だと思います。

今回は以上です。では!

ABOUT ME
WAKAME
ブログ運営者のWAKAMEです。 中学生で古物商を取得しマウスやキーボードの修理、デバイス収集をしています。 このブログではデバイスの修理記事や私が購入したデバイスのレビュー記事を執筆しています。