PC

【簡単】Androidでwallpaper engineの壁紙を設定する方法!

こんにちは、ワカメです。本日は、android端末でwallpaper engineの壁紙を設定する方法を詳しく解説していきます

・android端末で動く壁紙を使いたい方
・wallpaper engineの壁紙をandroid端末でも使用したい方

は必見です!

それでは早速見ていきましょう。

必要なもの

android8.1以上のandroid端末
windowsパソコン
playストア版wallpaper engine(無料)
wallpaper engine(399円)

Playストアの無料wallpaper engine単体では自由に壁紙を使用することができません。

簡単な流れ

  1. android・Windowsそれぞれのデバイスでwallpaper engineをインストール
  2. 同じWiFiに接続し画面通りペアリング

詳しく解説していきます。

android端末にPlayストア版wallpaper engineをインストール

Playストア版wallpaper engineは無料のアプリですが、steamの有料ソフト「wallpaper engine」を保有していないと自由に好きな壁紙を使用することはできませんが、アプリに元から何枚か入っている壁紙は自由に使うことができるので、まだwallpaper engineを持っていないという方はお試しがてら使用してみてもいいかもしれません。

Windowsパソコンでsteam版wallpaper engineをインストール

Windowsパソコンとandroid端末で同じローカルネットワークに接続する

wallpaper engine同士のペアリングはローカルネットワークを介して行われるので、スマホが4G回線や機内モード、windowsパソコンと異なるネットワークに接続されている場合はペアリングすることができません。

スマホとパソコン同士を同じ無線LAN(WIFI)に接続する必要はなく、パソコン側を有線、スマホを無線LANで接続した状態でも同じネットワークになります。

画面通りペアリングを進めていく

Android端末でwallpaper engineを開き、画面上の「接続されていません」と書かれた部分をタップ

pc版wallpaper engineで右上の「モバイル」→「新しいデバイスを接続」をクリック

同じローカルネットワークに接続されていれば、android版wallpaper engineでデバイスが見つかるのでそのデバイスをタップし、認証番号を打ちます。

これでペアリングは完了です。ペアリングが完了されていれば、android版wallpaper engineでは「(デバイス名)に接続されています。」と表示され、pc版wallpaper engineでは画像のようになります。


好きな壁紙に変える方法

ここまでくればあとは簡単です。何度も言いますが、スマホだけでは好きな壁紙をダウンロードすることはできません。パソコンからスマホへ好きな壁紙を転送する形となります。

  1. 設定したい壁紙を選択する
  2. モバイルデバイス欄「(端末名)に送信」をクリック

wallpaper engineでは壁紙の絞り込みができるのですが、今回はスマートフォンの壁紙にしたいので、絞り込み欄で「モバイル対応」にチェックをいれて検索していきます。

モバイル対応していない壁紙を転送しようとすると、モバイル対応壁紙じゃないから使えないよ的な画面が出てくるので壁紙にすることができません。

絞り込んだらあとは転送していきます。


ダウンロード終了後、モバイルデバイスという欄に「(端末名)に送信」という表示がされるので、クリックするとスマホでのダウンロードが始まります。ダウンロードが終わると自動的に壁紙が適用されます。

まとめ

いかがだったでしょうか。wallpaper engineは400円程度で買えるリーズナブルなものですが、自分で壁紙を作ったり無数の壁紙を使用したりととても自由度が高いアプリですので、有料ですがインストールしておいて損は無いと思います。

ABOUT ME
WAKAME
ブログ運営者のWAKAMEです。 中学生で古物商を取得しマウスやキーボードの修理、デバイス収集をしています。 このブログではデバイスの修理記事や私が購入したデバイスのレビュー記事を執筆しています。